上福岡でんつくばんつく、歌会で歌わない打楽器奏者せっちー

 上福岡のでんつくばんつくで開催されたオープンマイクイベント、『歌会』に参加してまいりました。

「歌会」だっていうのにドラムを叩くせっちー

「歌会」だっていうのにドラムを叩くせっちー


 昼から夜までほぼ丸一日滞在してたのですが、楽器に囲まれた環境だと時間の流れが早い早い! あっという間に夜。終盤はジャムセッションしたり、フリーな公開練習になったり、なぜかサッカー観戦したり。きっとそのユルさが居心地よいのです。
 基本的にアコースティックギターの弾き語りがメインでした。せっちーは弾き語りすることに全然興味がないので、カホンとか叩いてました。フォークの曲を無理やりサンバにして遊ぶなど。(もちろん邪魔しない範囲で!)

 主催者さんとお店のマスターのご厚意により、和太鼓も叩かせていただくことができました。

真剣な表情をすることだってあるんです

真剣な表情をすることだってあるんです

 なんと、今回は食べ物の持ち込みが可というイベントでした。

チャカポン'歌会

チャカポン’歌会


 せっちーは近くのスーパーで、ひじき煮、きんぴらごぼう、すあまを買っていきました。美味しかった~。っていうか、お店の売り上げに貢献しなくてゴメンナサイ!
 どうもありがとうございました~!

■山小屋風フォーク居酒屋【でんつくばんつく】
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/dentukubantuku/

せっちーのドラムワークショップin所沢【初心者入門編】

ドラムって楽しいよ!

ドラムって楽しいよ!


 前回、たいへんご好評をいただきましたドラムワークショップですが、このたび再度開催させていただく運びとなりました。どうもありがとうございます!
 「両手足を別々に動かすなんて無理!」と言われがちなドラムですが、全然そんなことはありません。法則さえ分かってしまえば、誰にでもすぐにできるようになるんです!
 ご参加いただく方のレベルに合わせて、ほどよい身体の運動と、それなりの脳の運動をお楽しみいただけたらと思っております。
 未経験者大歓迎! もしよろしければぜひお気軽にご参加いただけましたら幸いです。

——————————

【所沢】ドラムワークショップ【初心者入門編】

日程:2015/10/12(祝月)
時間:14:00~16:00
場所:所沢 サウンドスクエア
埼玉県所沢市くすのき台 1-10-7
http://homepage3.nifty.com/soundsquare/
料金:一人2,000円

——————————

【所沢】ドラムワークショップ【初心者入門編】

日程:2015/10/12(祝月)
時間:19:00~21:00
場所:所沢 サウンドスクエア
埼玉県所沢市くすのき台 1-10-7
http://homepage3.nifty.com/soundsquare/
料金:一人2,000円

——————————

■内容
————
・スティックの持ち方
(標準的な持ち方と、そうじゃない持ち方。あなたはどちらのタイプ?)

・メトロノームは友達
(機械的な使い方だけではもったいない。メトロノームとセッションしよう)

・四肢分離の法則
(「両手足を別々に動かすなんて無理!」そんなことはありません。法則を知れば誰にでもできます)

・ドラムセットの愛し方
(ただ強く叩けばいいわけではありません。ドラムの表情を引き出してみましょう)

・8ビートを叩いてみよう
(いよいよ実践編。ギターに合わせて曲を一緒に演奏してみましょう!)
————

 スティックを握ったことがない、全くの初心者の方でも8ビートが叩けるようになり、ギターとのセッションができるようになります。
 ドラムにご興味ある方、ぜひぜひお気軽にご連絡ください。一緒にドラムの世界を楽しみましょう~!
 よろしくお願いいたします!

かわさきタップフェスティバル出演レポ。タップダンスの深さと広さに驚愕!

かわさきタップフェスティバル2015

かわさきタップフェスティバル2015

 2015/9/19(土)、9/20(日)に、ラゾーナ川崎プラザソルにて開催された、かわさきタップフェスティバル ユニットパフォーマンス部門に出演しました。
 全11組のタップダンスユニットの演目を拝見し、感じたことを文章にまとめてみました。今回は色々なスタイルのタップダンスを間近で見て感じることができて、とても刺激的でした。
 地味~に足元でコツコツ音を鳴らすだけじゃなくて、こんなにバリエーションに富んだ世界なんですよ~、という啓蒙ができていたら嬉しいです!

—————————-

『こなべ組』さま
 これぞタップダンスの王道、という演目でした。タップダンスのことを知らない人が真っ先に思い浮かべるものに近いのではないかと感じました。
 タップダンスのことをもっとしっかり理解できていれば、もっともっと感じられることがあったのだと思うのですが、残念ながら完全に自分の理解力不足で、「うわぁ、すげー!」と口をぽかんと開けていることしかできませんでした。きっとスゴい技をやってたりするのだと思うのですが、皆さん、平然とプレイされていました。
 自分の理解度の低さ……く、悔しい!

—————————-

『Rythem Driver』さま
 長澤仙明さんが率いるエンターテイメントユニット。
 なんて素晴らしい世界観! 舞台に立つだけで客席の視線を集めてしまう……「華がある」というのはこういうことをいうのだ!と感じました。演目タイトルは「Allure(アリュール)」。色気、魅惑といった意味とのことで、その言葉通り上品に洗練された色気がたーーーっぷり。タップダンスの中にストーリーがありました。タップダンスでこういう演目は他になかなかないのではないかと思いました。これぞまさに表現。表現!!!
http://noriakitap.blog97.fc2.com/?pc

—————————-

『しゅわップring』さま
 『手話』と『タップ』の融合『手話タップ』というスタイルで活動されてます。今回はパン作りの工程をタップダンスと手話を融合させたステージングで表現。
 照明合わせのリハーサルで拝見した時から「なんて楽しいステージングなんだろう」と思っていました。そのあとで聞いたのですが、メンバーのキヨミさんは実際に耳が聞こえないそうなのです。えぇっ! だってちゃんと曲に合わせてタップダンスを踊ってらっしゃったじゃないですか……!
 『手話』と『タップ』の融合、理念だけではなく、実際のステージングとして体現されてらっしゃることに感動しました!
http://ameblo.jp/syuwappuring-0106/

—————————-

『Upsy-Daisy』さま
 かわさきタップフェスティバルを企画・運営・演出されている藤川誠さん。藤川さんが主催されているタップダンススクール、M’S TAP FACTORYの20歳以下のメンバーで構成された若手ユニット。今回は、昨年のかわさきタップフェスティバルのコンテストグランプリ受賞者、大野唯帆里さんを加えた強力布陣!
 出演以外にも、会場の設営から事務作業、その他の諸雑務などもこなされていて、舞台の外でもたいへんお世話になりました。ありがとうございました!
 メンバーのタケトさんは、ぼくが所属する和太鼓ユニット~Rhythm Junkies~ 打魂のメンバーでもあるのです!
http://www.mstapfactory.pw

—————————-

『ToTTori家』
 ぼくたちのユニットです。
 好みは分かれるかもしれませんが、今回のテーマ「面白いことをたくさんしたい!」はしっかり出すことかできたと思います。
 自分に課せられた務めを(自分が理解できている範囲内で)ある程度果たすことができたという自信はあるのですが、共演者を活かすステージングという意味では全然ダメでした……。「自利利他」「自灯明・法灯明」の意識を常に意識したいと思ってるのですが、今回は共演者の皆さまに助けられてばかりでした。
 「偉そうなこと書きやがって、オマエはただドラム叩いてただけじゃねぇか!」と言われると、エサを没収された子犬のように瞳を潤ませることしかできないのですが。
 ToTTori家の皆さま、ぼくみたいな者を仲間に入れてくださってホントに大感謝です。みんな、心から愛してる~!!!

—————————-

『NaoTaku』さま
 スタジオGAMBAで結成されたユニセックスなルックスのデュオ。正統派な、美しく洗練されたタップの演目でした。
 NaoさんとはBEAT座CLUBでご一緒させていただいているのですが、タップダンスだけではなく、和太鼓も、篠笛も、さらにはステッキやポールを使ったアクロバティックなパフォーマンスまでこなしてしまう万能で偉大なエンターテイナーなのです!
 そんなNaoさんの相方としてタップの演目をこなしてしまうTakuTさん。聞いてびっくりしたのですが、な、なんと15歳! その若さでその技術力……ふえぇ、すごすぎます…!

—————————-

『冨田かおるタップダンスカンパニー』さま
 今回のタップダンスフェスティバルの中で一番、ダンスの要素が強調されたユニットのように感じました。タップダンスというと足元が注目されがちですが、上半身の動きの美しさに目を奪われました。メンバーが全員女性ということもあり、とても麗しい演目でした。動きのメリハリがしなやかで鋭くて、蝶のように舞い、ムチのように叩く、といったイメージを抱いてしまいました。
http://www.tomitatap.com/

—————————-

『森田Sisters』
 双子の中学2年生デュオ。川崎を中心に活発に活動されているそうです。
 曲は、天空の城ラピュタより、空から降ってきた少女。これをコテコテのラテン風にアレンジしたノリノリの演目でした。振付は、なべ組とこなべ組を主宰されている渡辺かずみさん。
 中学生の双子女子がタップをやってるというだけで耳目を集める要素はあるのですが、そういう属性的なものに頼る必要は全くなく、純粋にタップダンスの演目として完成されていました。渡辺かずみさんの振付を踊りこなせるというだけで本当に素晴らしいことなのではないかと思うのです。
 あと普通に、か~わ~い~い~!

—————————-

『ピーチーズ』さま
 タップ業界でひときわ異彩を放つピーチーズ。ぼくの中ではすっかりおなじみの、『タップ』と『笑い』を追求する超絶楽しいユニットなのです!
 かわさきタップフェスティバルでは毎回、映像とのコラボをされているそうなのですが今回も極上でした。舞台袖で見ながら腹筋が千切れるほど、声を殺して笑い転げてました。あれはズルいです!
 でもそれもこれも、根本的に映像抜きのタップダンスとして成立しているからこそ、追加の笑いが上乗せされるのです。途中、1分くらい舞台上に誰もいなくなる演出ができるというのはそういうことなのだと思います!
 ピーチーズライブ、また見に行きたいです~!
http://www.peaches-tap.com

—————————-

『TAP-lovers』さま
 早稲田大学公認のタップダンスサークル。男子メンバーは会場の設営にもご参加されてました。お世話になりました。ありがとうございました!
 なんといっても群舞の迫力! 今回出演ユニットの中で一番の大所帯。力がみなぎり、エネルギーに満ち溢れている若者たちの荒々しい波動に細胞が活性化されるような気持でした!
 「最近の若い連中は……」とか言う人は、まずはこういう若者たちの素晴らしい姿を見ていただきたいと思わずにいられません。
http://tap-lovers.com/

—————————-

『なべ組』さま
 今回のかわさきタップフェスティバルのゲスト枠でご出演されていました。代表は渡辺かずみさん。
 もう圧巻でした。個人的には、最初の16小節くらいで完全に心を奪われました。タップってここまで洗練させることができるのか、というくらい正確で的確なタイム感覚。いや、これはもうグルーヴです。イメージ的には、アフリカンな原始のリズムに近いものを感じてしまいました。そこから先はもう何も考えられませんでした。タップって曲に合わせて踊ることが多いと思うのですが、もう曲なんていらない!と感じるほどにタップが素晴らしかったです。タップのことを全然分かってないぼくのような者が、タップでこんなに感動するなんて信じられませんでした。アートの枠すら超えて、宇宙を感じました!
http://onakataptap.jimdo.com/

—————————-

 タップはまだまだ未熟で、本来あるべき認識からズレた内容を書いてしまっているかもしれません。本意でない表現等がございましたらまことに申し訳ございません!
 こんなに素晴らしい出演者の皆さまと肩を並べることができるような者ではないのですが、それでも皆さま温かく受け入れてくださってとても嬉しかったです。本当にどうもありがとうございました!!
 自分の活動にもっとタップとかダンスとかの要素を取り入れていきたい、という想いを更に強くしました。

 かわさきタップフェスティバルのプロデューサー、藤川誠さん
 事務作業を統括されていた鍋田裕城さん
 M’S TAP FACTORY関係者の皆さま
 ToTTori家を率いてこの舞台に導いてくださった鳥取亀吉さんこと、杉谷タダシさん
 共演してくださったメンバーの皆さま
 ユニットパフォーマンス2日間をご一緒させていただいた出演者の皆さま
 会場に足をお運びくださったお客さま
 皆さまのおかげでまた一つ、人生の大きな思い出を作ることが出来ました。本当にどうもありがとうございました!!!

あなたはどちら? 右脳と左脳

 左脳は「分析・理論的」、右脳は「直感・芸術的」なんていわれます。
 音楽って右脳的な分野のこととして語られることが多いような気がするのですが、数学とか物理学で説明できることが多いと感じてます。

 そんなこと言ったら、世の中のたいていのことは数学と物理で説明できるだろ、というツッコミは聞き流しつつ。

 色んな楽器の中でも、特に物理的な法則から理解しやすいのが打楽器ではないかと思います。異論は認めます。聞き流しますけど。

 たとえば、100円玉を地面に落とす時。
 地面から1mmの高さから落とすのと、1m70cmの高さから地面に落とすのでは、音の鳴りが全然違いますよね。きっと、高いところから落とした方が大きい音が出るはず。

 100円玉と地面の関係を、スティックとドラムの打面に置き換えると、それだけで音量のコントロールができそうな気がしますねっ!(かなり乱暴なたとえ話です)

 ちなみにぼくは、高校の物理で27点以上をとったことがありません。えっへん!

ライブ出演しました_2015.8.16_瑞江HOTコロッケ

 対バンさんの紹介をさせてください!

■宮島久男 さん

宮島久男 さん

宮島久男 さん


 以前にも対バンさせていただいたことがあるストリートミュージシャンの方です。ギターとピアノで、癒しの言葉を素敵な演奏に乗せて聴かせてくださいました。
 「演奏のバトンを次の奏者に手渡していく」というMCが胸に沁みました。特に、今回はお客さまがとても温かく会場の雰囲気も極めて受容的だったので、音楽ってホントにいいものだな、って思わせていただきました。
 なんていうか、聴いてるだけで寿命が延びるような感じがしました!

– 宮島久男さん –
http://hisao-miyajima.com/

■鵠 さん

鵠 さん

鵠 さん


 ドレスコードは黒。もうそれだけでシンパシー!
 重厚なハードロックサウンドを堪能いたしました。ギターさんの早弾きが超カッコよかったー!
 数年前、同じ会場HOTコロッケで開催されたハロウィンライブで対バンしたことがある方々でした。それなのに「初めまして~!」とか挨拶しちゃった。ひゃあぁぁ、失礼いたしました~!
2012.10.14 HOTコロッケにて。これで対バン経験ありと気付いてくださる鵠の皆さんがすごいと思うのです!

2012.10.14 HOTコロッケにて。これで対バン経験ありと気付いてくださる鵠の皆さんがすごいと思うのです!

 その時はサザンクロスというバンドでご出演されていたのですが、今回はドラマーにマリコさん迎えたスピンオフバンドのような感じなのでしょうか。マリコさんは、サザンクロスのドラマーさんの愛弟子さんとのこと。バスドラのパワーがすごかった!

– サザンクロス –
https://www.facebook.com/southerncrossofficial

■haru さん

haruさん

haruさん


 ギター一本で弾き語り!
 歌も演奏も素晴らしいのですが、haruさんといえばなんといってもMC!
 今回もたっぷり笑わせていただきました~。海の家・熱々のラーメン・熱い砂浜・熱い汁。
 真面目なMCも。トップバッターの宮島久男さんのMCに呼応するかのように語られる、これからも音楽を続けていく、という熱い想いに胸を打たれました。客席でちゃかさんと「うわー、みんな大人だよ、どうしよう……」と青くなってました。

■佐京こはな さん

佐京こはな さん

佐京こはな さん


 ソロボーカルさん。カラオケ音源をバックに色んな歌を聞かせてくださいました。
 プロデューサーさんに「こんな恥ずかしい曲のオケは作りたくない!」と言わしめたラブソング。「でも私は恥ずかしくないです!」のMCに客席は大喝采!
 そうだそうだ! 自分の想いを表現するのに恥ずかしいも何も関係ないです。もし恥ずかしさを感じるのならば、その恥ずかしさも含めての表現活動であるべきではないしょうか!
 歌詞の一つ一つを客席に伝えようという想いがヒシヒシと感じられる素晴らしい舞台でした!

– 佐京こはなのブログ〜摂食障害と歌の道〜 –
http://ameblo.jp/sakyo-kohana/

 出演者もお客さまもスタッフさんも、みんなホントに温かくて幸せな気持で心が満たされるライブでした。
 みなさま、どうもありがとうございました!!
 (なんか白飛びしまくりの写真ばかりでゴメンナサイ!)

 最後にちゃか&せがの演奏をチラ見せ~! ギターのちゃかさんは、ぼくをソロギターの道に導いてくれた恩師であり、頼れる兄貴なのであります。

2015年8月のライブ告知。

3本中、無料ライブが2本!

—————————–

2015/8/16(日)
瑞江 HOTコロッケ「Myらいぶ」
18:30OPEN/18:50START
※出番は19:30~20:00
1,500円(飲食チャージ)

 『ちゃか&せが』というアコースティックインストユニットで出演します。ギターのちゃかが奏でるアコースティックソロギターに、色んな楽器でぼくが絡んでいきます。ぼくはベース、ドラム、和太鼓などやります。今回はボーカルさんが2曲ゲスト参加してくださいます。

ちゃか&せが

ちゃか&せが

– 瑞江 HOTコロッケ –
東京都江戸川区南篠崎町2-10-9
(都営新宿線 瑞江駅 徒歩5分くらい)
http://plaza.harmonix.ne.jp/~hotcroq/index.htm

—————————–

2015/8/29(土)
新堂公園夏祭り
15:00START
※出番は15:25~15:55
無料

 Vivid Pink Companyというファンクロックバンドで出演します。マルーン5やブルーノ・マーズなどの曲をオリジナルアレンジでやります。音だけではなく、視覚的なエンターテイメントも意識して活動しています。
 ぼくは基本的にベースを弾きますが、今回は棒術的パフォーマンスを取り入れてみました! もうファンクとかロックとか関係ない世界に入りつつあるか? 包容力の大きいバンドで活動できてとても幸せです!

Vivid Pink Company

Vivid Pink Company

– 新堂公園夏祭り –
(京王線 聖蹟桜ヶ丘駅 徒歩10分くらい)
https://www.facebook.com/events/320229264798584/

—————————–

2015/8/30(日)
川崎市教育文化会館
13:30OPEN/14:00START
Rhythm Junkies~打魂~(和太鼓)
無料

 BEAT座CLUBから派生した和太鼓ユニット、Rhythm Junkies~打魂~のデビュー戦です。
 無料なので、お時間のある方はぜひふらりと遊びにいらしてください~。迫力のある和太鼓アンサンブルをお届けします!
 とっても大きい会場なので壮観な眺めになると思いますよ~。

Rhythm Junkies~打魂~

Rhythm Junkies~打魂~

– 川崎市教育文化会館 –
神奈川県川崎市川崎区富士見2-1-3
(JR川崎駅 徒歩15分くらい。バスあり)
http://www.city.kawasaki.jp/kawasaki/category/94-11-1-0-0-0-0-0-0-0.html

2015年8月、9月のライブ告知4件

1.ちゃか&せが(アコースティックインストユニット)
————————
 ちゃか&せが というアコースティックインストユニットで超久しぶりのライブ。ぼくはドラムやベースやその他をやる予定です。
 前回のライブから今回までの間に身につけたことがたくさんあります。今回は、これまでのちゃか&せがには無かった新しいことをやりたいな。というか、やります!

2015/8/16(日)
『Myらいぶ』
会場:瑞江 HOTコロッケ
最寄:都営新宿線 瑞江駅
時間:open 18:30 / start 18:50
(出番は19:30~20:00です)

2.Vivid Pink Company(洋楽カバーバンド)
————————
 Vivid Pink Companyというバンドで、ぼくはベースを弾いてます。ファンキーで踊りたくなるような演奏を目指します!

2015/8/29(土)
『啓光学園夏祭り』
会場:新堂公園
最寄:京王新宿線「聖蹟桜ヶ丘」駅
時間:15時~19時の間(出演時間未定)

 『啓光学園夏祭り』では、模擬店のお手伝いをしてくださる方を募集中とのことです。

『ボランティア大募集(2015年「啓光学園」夏祭り)』
http://amba.to/1TcoaBV

 ライブの空き時間にお手伝いとかさせてもらえるのかな。
 「啓光学園」は、東京都多摩市にある知的障害がい者施設です。夏祭りは毎年恒例のイベントなのです!

3.Rhythm Junkies~打魂~(和太鼓)
————————
 Rhythm Junkies~打魂~という和太鼓チームで出演します。ぼくは8/30のみの出演です。まだまだ未熟者ではございますが、今の自分が持っている限りの魂を込めて叩きます!

2015/8/29(土)、30(日)
『かわさきの風コンサート』
会場:川崎市教育文化会館 大ホール
最寄:川崎駅
時間:14時頃~(時間等未定)
料金:無料

【川崎区文化協会事業部】
https://www.facebook.com/KAWASAKIKU.BUNKYO

『かわさきの風コンサート』は川崎区文化協会主催で、日本とベトナムの文化交流という一面も!
教育文化会館大ホール、客席総数が1,961席ですと!? こ、これはかつて経験したことのない規模の会場だ……!

4.ToTTori家(タップダンス)
————————
 ToTTori家というタップダンスチームでタップデビュー! ……できるかどうかはぼくの頑張り次第です!
 タップ業界に激震を走らせてやるぜ!という意気込みで参ります。どうぞよろしくお願いいたします!

2015/9/19(土)、20(日)
『かわさきタップフェスティバル』
会場:ラゾーナ川崎「プラザソル」
19日 19:00~
20日 13:00~、16:30~
料金:4,000円

【かわさきタップフェスティバル2015】
http://www.kawasaki-tap.com/index.html

ドラムと和太鼓の意外な共通点とは?

和太鼓のお稽古に明け暮れている毎日なのですが、昨日はフォームについてみっちり指導していただきました。

ドラムと和太鼓は、同じ打楽器でありながら実は全く異なる楽器で、叩き方にも正反対の理念があると感じてました。
ドラムはいかにコンパクトに無駄な動きをせず、効率的な動きを極限まで追求する、というような理念で叩いてました。
和太鼓は体全体を大きく使い、ダイナミックな動きを『見せる(魅せる)』叩き方をするのです。
一例ですが、ドラムを叩く時、腕とスティックを天空に向けて一直線に伸ばすっていう動作、滅多にしないですよね。する人はするのかな。ぼくはしたことなかったです。
和太鼓を始めてから、ドラムの叩き方が変わりました。というか、変えました。和太鼓のメソッドをドラムに応用するようになったのです。その結果、音のパワーが上がり、ダイナミクスが広がり、各パーツのバランスも整うようになりました。
でもそれはあくまで、異なる楽器の特性を掛け合わせることによる化学反応的発想でした。

和太鼓のフォームについて教えていただき閃いたこと。
おや、これはもしかしてモーラー奏法のことなのではないか。

やっぱり異なる楽器なんかじゃない!

IMG_20150528_170453

上福岡でライブ&セッション

昨日は上福岡のフォーク酒場『でんつくばんつく』で、お友達バンドのグリーンリバーのライブを見に行ってきました。
ムードメーカー、情熱家、テクニシャン、バランスよく揃ったメンバーの編成で、仲良しな雰囲気が伝わってくるとても楽しいライブでした。

ライブのあとはセッション会。ライブ本編はもちろんのこと、このセッションも楽しすぎたー! フォーク酒場なのにSmoke on the Waterセッションが始まるとは。素敵すぎます!

珍しくドラマーさんが大勢いて、ドラムあるある話に華が咲きました。リズム隊の同志であるはずのベーシストからクズ呼ばわり(もちろん愛情たっぷりにですよ)されるなど、リズムについての激論も交わされました。みなさん、お酒が抜けた後も記憶は残ってるのでしょうか。

セッション後に記念撮影。ドラマー率が高い!

セッション後に記念撮影。ドラマー率が高い!

でんつくばんつくはとってもいいお店なんだけど、ドラムがエレドラなんですよねー。今度は皆さんの生ドラムを聴きに行かせてください~!

【でんつくばんつく】
http://www2.tbb.t-com.ne.jp/dentukubantuku/

あえて音数を減らすドラム。アグリオン。

Vivid Pink Companyでドラムを叩いてくれているケンジくん。そのケンジくんがメインで活動しているロックバンドがアグリオン。
渋谷GARRETに、アグリオンのライブを見に行ってきました。なんかすごい久しぶり。ギターさんが入れ替わってめちゃくちゃ進化してた!
ケンジくんのドラムも小技を織り交ぜつつ進化してた。同行者と「小賢しい、小賢しいねっ!」とか言いながら声援を送ってました。
Vivid Pink Companyでは30%くらいの音量に抑えて叩いてくれてるのではないかと思うけど、アグリオンでは遠慮なくフルショット。音のレンジが広い……!

【アグリオン「ロックロマンティック」ダイジェスト版】

そんなケンジくんがドラムを叩いてくれているVivid Pink Company。5/16(土)に立川いったい音楽まつりに出演します。

【Vivid Pink Companyライブ】
2015/5/16(土)
12:30~13:00
サンサンロード第一(緑町公園)
https://www.facebook.com/VividPinkCompany