せっちー主宰、タップダンスユニット。ライブデビュー

 2019/5/19(日)立川いったい音楽まつり、二日目。

 せっちーが主宰しているタップダンス教室の生徒さんたちと一緒に出演。チーム名は、タップ・ステップ・ジャンピング。タップダンスを中心に、色んな打楽器を使ったリズムパフォーマンスをしました。生徒さん以外にも、せっちーと同門のダンサーさんにもご出演いただきました。

たちかわ音楽いったい祭り2019パンフレット

たちかわ音楽いったい祭り2019パンフレット

 ステージをご覧くださったお客様が「あー、なんか楽しかった」という感想を持っていただけることを目的に作りあげてまいりました。その狙いは概ね成功と言って過言ではありますまい!
 特に、せっちーのレッスンを受講してくださっている皆さんの頑張り・笑顔・エネルギーが、ちゃんと客席に伝わっていることが確実に感じられました。そしたらそれはもう大成功です!

笑顔溢れるステージング!

笑顔溢れるステージング!

 演目の一つで、せっちーが太鼓でビートを作って、その前で一人ずつダンスのフリーソロをやってもらいました。ジャズダンス、ワックダンス、もちろんタップダンスも。その中でめっちゃセクシーなバーレスクをしてくださった方がいたのですが、それがお客さんとして見てくれていた女の子の心に刺さったようです! 後日、その女の子がご自宅でバーレスクの真似をしていたとのお話を聞きました。うんうん、小さい女の子でもやっぱり女子よね!

人の心に残る圧倒的なパフォーマンス力!

人の心に残る圧倒的なパフォーマンス力!

 まさかせっちーがリーダーとしてダンスユニットで出演する日が来るなんて、数年前まで全く想像もしてませんでした。お付き合いくださったみなさんのおかげです、ありがとうございました。笑顔に溢れた楽しい時間と記憶を共有してくださり本当に感謝です。心から愛してます! 精神的にも物理的にもキラキラ輝いてます!

タップ・ステップ・ジャンピング、デビュー!

タップ・ステップ・ジャンピング、デビュー!

 まずはせっちー自身がもっともっと力を身につけないと……!

エモい一日。立川いったい音楽まつり1日目

 2019/5/18(土)立川いったい音楽まつり

 Midnight Dejavuというバンドで出演させていただきました。
 ボーカル、ギター、ピアノ、ベース、ドラムに加え、サックス、トロンボーン、トランペットの3管を擁する、オトナなジャズロックバンドです。せっちーはドラムで参加させていただきました。本来は別のドラマーさんがいらっしゃるのですが、今回はサポートとして叩かせていただきました。

Midnight Dejavu_立川いったい音楽まつり2019

Midnight Dejavu_立川いったい音楽まつり2019


 個人的に管楽器バンドが初ということもあるかもしれないのですが、

 めちゃくちゃカッコいいバンドです!

 せっちーみたいなヤツを暖かく受け入れてくださって、ライブでの演奏をご一緒させていただくことができてとっっっても嬉しかったです! みなさま、ありがとうございました!!

Midnight Dejavu_立川いったい音楽まつり2019

Midnight Dejavu_立川いったい音楽まつり2019

 近くの会場で、以前に他のイベントでご一緒させていただいた小倉奨一朗さんがご出演されているとのことでお伺いしたかったのですが、まさかの時間帯完全かぶり……。演奏は拝見できなかったのですが、ご挨拶だけはできましたー。

 そのまた近くの会場で、アコースティックサークルなどでご一緒させていただいてる、はいどんさん率いる9th fixさんもご出演されてました。こちらは時間帯がズレてたので拝見できました。ギター、ピアノ、カホンのスリーピスとは思えないほどカッコよかったー。

9th fix_立川いったい音楽まつり2019

9th fix_立川いったい音楽まつり2019

 ここまではMidnight Dejavuの皆さんと別行動してました。お二人にご挨拶できたところで、Midnight Dejavuの皆さんが待つ打ち上げ会場へ……向う途中で、せっちーの足は止まりました。
 ドラムサークルという名前の出演者さまの演目に心を奪われました。路上にたくさんのパーカッションを並べて、通りすがりのお客さまを呼び込み、その場のリズムに合わせて叩かせる打楽器セッションでした。
 わたしも参加したい……。今にもよだれを垂らさんばかりの顔をしていたのでしょうか。ドラムサークルの方がせっちーを呼び込んでくださいました。

ドラムサークル_立川いったい音楽まつり2019

ドラムサークル_立川いったい音楽まつり2019

 楽しかったー!

 あっという間の30分。コンダクターの妹尾美穂さん、ステキだったー! 人を幸せにする演目とはかくあるべし、と感動しました!!

 はて、気がつけば今何時なんだ……げげっ、もうこんな時間!? う、打ち上げが終わってしまう。。
 慌てて打ち上げ会場を目指すも、迷子になってメンバーに助けを求めて救出してもらうなど、相変わらずのバタバタっぷり。

 この日はこれだけじゃ終わりません。実はこのあとにまだ出番があったのです。
 今回はなんとバンドのバックダンサーとして出演! Midnight Dejavuのボーカル、tomoさんと一緒に躍らせていただけることになりました。先日の母の日ライブでもやったのですが、バンドのボーカル、マッハさんのご厚意により再演させていただけることとなりました。(振り付け:tomoさん)

ダンサー(?)として踊る

ダンサー(?)として踊る


 バンドの演奏はさすがの実力派! せっちーがダンサーを名乗っていいのかどうかはさておき、わたしたちも精一杯、会場を賑やかしてまいりました!

  楽しかったー!

 心行くまで音楽を楽しんだ一日でした。お世話になった皆さま、どうもありがとうございましたー!

2019年5月、6月ライブ告知まとめ

告知オンリーの投稿です。告知することが増えてしまったのでまとめてしまいました。ゴメンナサイ!

2019/5/18(土)
立川いったい音楽まつり
https://tachikawa-ittai.jimdo.com/
観覧無料

立川いったい音楽まつり2019のチラシ

立川いったい音楽まつり2019のチラシ


 Midnight Dejavuというジャズロックバンドで出演します。せっちーはドラムを叩かせていただいております。EGO-WRAPPIN’とかの曲をやります。カッコいいよ!
 ボーカル、ギター、ピアノ、ベース、ドラムに加え、サックス、トロンボーン、トランペットの3管を擁するとても強力なバンドでございます。ベテランメンバーの技巧と深み、ご堪能ください。一番堪能してしまってるのはせっちーかもしれませんが!

11:20~11:45
立川 緑町公園にて演奏します。場所は、IKEAの近くにある公園です。

————

2019/5/19(日)
立川いったい音楽まつり
https://tachikawa-ittai.jimdo.com/
観覧無料

立川いったい音楽まつり2019のチラシ

立川いったい音楽まつり2019のチラシ


 前日に続き、立川いったい音楽まつりの二日目にも出演させていただきます。
 せっちーのタップダンス教室のデビューライブ!
 せっちーのレッスンに参加してくださっている方たちと一緒に出演します。タップステップジャンピングという5人組ユニットで、メンバーはせっちーを含め全員女子! せっちーを含めないと本当に全員女子! タップダンスを中心に打楽器を使ったリズムパフォーマンス的なことをいたします。
 技術的にものすごいことはできませんが、タップダンスをすることでこんなに笑顔でハッピーなカロリー消費ができるんだ、というところをご覧頂けたらと思っております。もちろん、タップはタップでちゃんとやります! お揃いのガーリーな衣装にも注目ですよ~!

16:20~16:45
立川タクロスにて。
場所はJR立川駅の改札とヤマダ電機の間にある広場になります。

————

2019/5/25(土)
TOYODAクラフトビールまつり
http://beertoyoda.tokyo/index.html
観覧無料

TOYODAクラフトビールまつりポスター

TOYODAクラフトビールまつりポスター


 クレイジーキャットモという、昭和歌謡ジャズバンドで出演いたします。せっちーは基本的にドラムですが、曲によってはタップをやります。普通のバンド構成なのに、タップで参加させてくださるクレイジーに包容力の高いバンドなのです!
We Are クレイジーキャットモ!

We Are クレイジーキャットモ!


 イベント的には、「ビール片手にまちの未来を語ろう」というキャッチフレーズ通り、ビール好きにはたまらない「市民参加型のビールまつり」とのこと。せっちーはお酒がダメなので、お茶を片手に焼きそば等を頬張りながら未来を語ります。
 豊田って、「とよた」じゃなくて「とよだ」なんですね。ずっと勘違いしてた……。

15:00~16:00
JR中央線 豊田駅南口ロータリー

————

【BEAT座CLUB出演】

2019/6/2(日)
静岡県三島市 仰望和太鼓in三島Ⅲ
チケット1,500円(中学生以下無料)

仰望和太鼓in三島Ⅲポスター

仰望和太鼓in三島Ⅲポスター


 せっちーの中ではもはや説明不要!と言いたいくらいの存在感があるイベントです。静岡県三島市で開催される、和太鼓とダンスのイベントです。今回のテーマは「みんなでつくるコンサート」。舞台上で演者が演奏しているのをただ見ていただくだけではなく、客席のお客さまにもご参加いただきたい!
 まずその一環として2018年から2019年にかけて、この仰望和太鼓に出演することを前提にした、一般参加型の和太鼓ワークショップを開催してまいりました。主催は和太鼓打ちの上野由人さん。せっちーも上野さんのアシスタントとして毎回参加させていただいてました。
仰望和太鼓ワークショップ風景

仰望和太鼓ワークショップ風景


 和太鼓初体験の方から、経験者の方まで、年齢性別を問わず、幅広くご参加いただきました。そのワークショップでの成果をここで発表いたします。
 和太鼓ってこんなに楽しいんです! 皆さんの笑顔が答えです! せっちーも心と身体の限界まで和太鼓に向かい合って参ります!
 三島市の公式ゆるキャラ、みしまるくん・みしまるこちゃんも来てくれます。前回・前々回は和太鼓を叩いてくれましたが、今回は何をしてくれるのか!
 ご興味のある方はチケットご用意させていただきますのでぜひお気軽にご連絡ください!!

13:00開場、14:00開演
三島市市民文化会館 大ホール
http://mishima-youyouhall.com/

————

2019/6/15(土)
長野県下伊那 清流苑Presents 楽宴
観覧無料

清流苑Presents 楽宴チラシ

清流苑Presents 楽宴チラシ


 BEAT座タップスタジオ飯田の一員として出演させていただきます。もちろんタップダンスです。
 インストラクターの方や、スタジオに習いに来てくださっている方たちと一緒に出演させていただきます。
BEAT座タップスタジオ飯田チラシ

BEAT座タップスタジオ飯田チラシ


 屋台のFOOD&DRINKも充実。キッチンカー大集合。クラフト市も開催されるとのこと。他にバンドの方もご出演されます。
 お近くの方はぜひ足をお運びください。長野県にタップダンスを根付かせるために全力でタップを踏み鳴らしてまいります!
 清流苑には温泉に宿泊施設もあり。そして……フォレストアドベンチャー!? めっちゃやってみたいーー!!

12:00OPEN 13:30START
信州まつかわ温泉 清流苑
http://www.seiryuen.jp/

————

2019/6/22(土)
荻窪ジジアナベル
http://www.ziziannabelle.com/
チケット、時間等不明

 またまたMidnight Dejavuで出演させていただきます。せっちー、実はサポートドラムなのですが、ありがたいことにこちらのライブにも使っていただけるとのこと! 嬉しい~!
 詳細はまだ全然わかりません! わかりませんが、よろしくお願いします!

2019年4月 せっちーのレッスン予定一覧

 2019年4月 せっちーのレッスン予定一覧です。
 アシスタントで参加させていただいてるものや、ちゃっかりライブの予定まで載せてます。てへっ。これ以外の日時でも随時お問い合わせ大歓迎でございます!
 基本的にオープンクラスなので、未経験の方や初心者の方でも、どなたでも歓迎です~。

4/1(月) 20:00-22:00 新丸子(タップ)
4/2(火) 19:00-21:00 立川(タップ)
4/3(水) 16:00-17:00 新丸子(タップ_キッズクラス)
4/6(土) 17:00-18:00 吉祥寺(タップ_キッズクラス)
4/9(火) 12:00-21:00 静岡県三島市(仰望和太鼓ワークショップ)
4/10(水) 16:00-17:00 新丸子(タップ_キッズクラス)
4/13(土) 17:00-18:00 吉祥寺(タップ_キッズクラス)
4/16(火) 19:00-21:00 立川(タップ)
4/17(水) 16:00-17:00 新丸子(タップ_キッズクラス)
4/20(土) 17:00-18:00 吉祥寺(タップ_キッズクラス)
4/23(火) 19:00-21:00 立川(タップ)
4/24(水) 16:00-17:00 新丸子(タップ_キッズクラス)
4/27(土) 豊田(ライブ)
4/30(火) 19:00-21:00 立川(タップ)

 キッズクラスが増えたので、キッズのみんなでどこかのライブに出たりしてみたいなー。あと和太鼓のクラスも作りたい!

 そのためにもまだまだもっと勉強しないと! 仰望和太鼓のワークショップでは、アシスタントインストラクターとして参加させていただいており、毎回非常に内容の濃い、貴重な経験をさせていただいております。目からウロコが滝のように溢れて成層圏まで達する勢いです。いや、ほんとに!

 あとあと、来月(2019年5月)は、タップの大人クラスの皆さまと 立川いったい音楽まつり という野外ライブに出ます。音楽系のイベントでバンドが多いのですが、私たちはタップなので、ダンサー枠での出演となります。

立川いったい音楽まつり2019のチラシ

立川いったい音楽まつり2019のチラシ


 まさか自分が音楽イベントにダンサー枠で出ることになるなんて夢にも思わなかったよー。数年前のせっちーさん、驚いていいよ。
 ひゅー、楽しみだー!

2019.3.31(日)、日本タップダンス協会主催イベントに出演させていただきます!

 こんにちは。日本タップダンス協会 会員番号40のせっちーです。(本当だよ!)

 昔、美味しんぼというマンガが好きで読んでいたのですが、一つ印象に残っている回があります。

 テレビタレント化してしまい、すっかり料理人としての心を失ってしまったキャラが出てくるお話。山岡士郎か誰かがふともらした「いやぁ、○○料理の専門家の前で料理するのは怖いな~」という一言。その言葉を聞いた大師匠みたいな人が、そのテレビタレント化した料理人に向って言い放つのです。
 「どうだ、今のおまえは人に料理を食べてもらうことが怖いと感じないのか!」
 その言葉をきっかけに料理人としての心を徐々に取り戻していく、というような感じの内容だったと思います。せっちーはこの話を「怖れよ」ということではなく、「畏れよ」というメッセージとして解釈しています。

 せっちーはギターを弾いたりすることもあるのですが、当然のことながら本職のギタリストさんにはとてもとても及びません。オープンマイクで一人で弾くくらいなら楽しいだけですが、バンドみたいなところにギターとして入ったりすると緊張します。その時の自分の肩書きはギタリストになってしまうわけですからね。そんなわけで、ギタリストとしてのお誘いを頂いても極力お断りしてきたのですが、今回ばかりはやらざるを得まい、という機会が巡ってきました。

 しっかりギタリストします!

2019/3/10(日)
『aikoバンド祭り』in 立川 Crazy Jam
開場15:00/開演15:20
チケット1,000円/当日1,500円

『aikoバンド祭り』in 立川 Crazy Jam

『aikoバンド祭り』in 立川 Crazy Jam

 aikoのコピーバンドイベントです。今回はボーカル、E.ギター、A.ギターの3人組です。せっちーはA.ギターやります。わぉ、超ギタリストって感じ。aikoやるのは初めてなのですが、やるからには目一杯楽しみます。お客さんも、メンバーも、自分も楽しむ。一人でも笑顔になってくれたら全方位大勝利です!
 とか言ってたら、アコギの大先輩が見に来てくださるとのこと。うひょおお、緊張するー!
 こうなったら力の限り畏れるしかない……!

 それと似たような話なのですが。

—–


2019/3/31(日)
日本タップダンス協会Presents
TAP WAVE2019 vol.2 ~タップシューズに願いを込めて~
@ライブガレージ秋田犬
19:00開場/19:30開演
チケット 2,500円(1Drink付)

■出演(敬称略でごめんなさい!)
藤川誠
三寺郷美
Upsy-Daisy
音ハメ”磨歩人”
川崎リズムボーズ
せっちー

ゲスト:清水夏生

日本タップダンス協会Presents TAP WAVE2019 vol.2

日本タップダンス協会Presents TAP WAVE2019 vol.2

 出演させて頂きます。
 チケットのお申し込みはぜひせっちーまでご連絡ください!
 出演者の方々……ひょええええ、す、すす、スゴいお名前ばかりがずらり……これは畏れというより普通に怖い。せっちー如きがタップ業界のド真ん中に、命知らずも甚だしいと各方面から評判です。せっちー自身もそう思います。そりゃあ生理不順にだってなります。
 ならばいっそのこと命知らずを徹底してやろうじゃないか、ということで今回はソロです。師匠や先輩の力を借りることも、フォローしてもらうこともできない背水の陣です。討死上等!
 日本トップクラスのタップダンスの技術、精神性をご堪能ください! そんな環境の中、せっちー如きに何ができるのか。清水の舞台からシューティングスタープレスする意気込みでまいります。せっちーの生き様、見届けてやってください。
 そんな威勢のいい言葉で自らを鼓舞しつつ、もちろん偉大なタップダンサーの皆さま方の胸を全面的にお借りする気も満々でございます。

 自分がタップを始めた時の初期衝動や、自分がタップに魅力を感じて継続している理由、ひいてはそもそも自分という存在は一体何なのか等々、せっちーという存在の棚卸しを行い、舞台に臨んでまいります。よろしくお願い致します。いやほんとにお手柔らかによろしくお願い致します。

 せっちーのように身の程知らずなことをすると胃の痛くなるような想いをすることもありますが、それもこれも含めてタップ楽しいですよ。いくら身体にいいからって、薄味の精進料理ばかりじゃ物足りないじゃないですか。時にはピリっとスパイスの効いた料理や、ジャンクフードだって食べたくなります。問題はそれが中辛とか辛口とかではなく、北極だの200辛だのっていうのはどうなんだっていう・・・おや、誰か来たようだ。では秋葉原で会いましょう!

熱に浮かされて書くCDレビュー『GIRLS’ROCK/デーモン閣下 』


 絶賛ヘビーローテーション中です。というか、最近これしか聴いてない。
 女性ボーカルのロックナンバーをデーモン閣下がカバー。楽曲はアンダース・リドホルムプロデュースの下、HR/HM調にアレンジ。

『GIRLS’ROCK』
『GIRLS’ROCK√Hakurai』
『GIRLS’ ROCK ~Tiara~』
『GIRLS’ ROCK Best』
の4枚があります。


 存在は知っていたけど、なかなか手を出せずにいたアルバムたち。
 食わず嫌いを起こしていた理由としては、マンガや小説が実写化されて肯定的な感情を抱いた記憶がほぼない、ということがトラウマになっているのかもしれません……いわゆる原作レ○プ。
 このアルバム群も、原曲をいじくりまわし、あれこれ手を加え、おもしろおかしく原型を歪めてやろう、というアレンジなのかと勝手に思い込んで敬遠してました。いくら閣下といえど、それはどうなんでしょうか、と。

 ゴメンナサイ! とんでもない誤った思い込みしてました!!!

 成層圏を突き抜ける快哉の雄たけびを上げたい。うぉー、これ、めっちゃくちゃいい!
 原曲の良さを尊重し、十分過ぎるほどの敬意を持って歌い、演奏していることがハッキリ分かります。その結果、原曲の世界観を維持しつつ、全く新しいサウンドに生まれ変わっています。ただのアレンジにあらず、閣下というフィルターを通したトレースとでもいうのでしょうか。それでいて全曲、原曲を確実に超えた楽曲になってると思います。原曲を超えてやろう、というようなあざとさは全く感じないのに、結果的に超えてるという感じ。それはせっちーが閣下信者なだけだろ、と言われると返す言葉はありません。
 とにかく、全曲一貫して感じるのは、原曲への敬意!

 中でも、特にお気に入りになった曲をピックアップしてみました。

■DISTANCIA~この胸の約束~(杏子)
メロディーやコード進行に独特の世界観があるなー、と思って調べてみたら、作曲が玉置浩二。なるほど、ううむ、なるほど。妙に納得。間奏からギターソロ、サビに戻る流れを聴いてると身をくねらせてビートを取らずにいられません。せっちーがイヤホンで何か聴きながらくねくね動いてたら、多分これを聴いてます。

■限界LOVERS(SHOW-YA)
SHOW-YAのカッコよさを再認識。せっちー、このたび五十嵐sun-go美貴さんの大ファンになりました。その曲にどれだけハマったかのせっちー的バロメーターとして、自分でコピーしたくなるということがあります。このイントロのギター、めっちゃコピーしたい。うわああああ、ギター弾きたくてたまらない!! 誰かBack to the fire、一緒に絶叫しようぜ!

■私は風~私は嵐(カルメン・マキ&OZ、SHOW-YA)
ただSHOW-YAが好きなだけじゃねぇか、と自分でも思います。鍵盤やギターはもちろんいいのですが、せっちー的にこの曲はベースの世界観です。「ベースはジャンケンで負けたヤツが弾く楽器だからw」、とか思ってるバンド初心者の中学生の胸ぐらを掴み上げてこんこんと説教したい気持ちでいっぱいの私は面倒な中年。

■ダンシング・ヒーロー(荻野目洋子)
原曲も好きなのだけど、ますます好きになりました。アレンジ曲を聴いて、原曲をあらためて好きになるってすごくないですか? どうしようもなく踊りたくなる!

 全編通して言えることだけど、原曲は女性ボーカルなので、歌詞の内容も基本的には女心を歌ったものがほとんど。それを閣下がどう歌いこなしているのか、が聴きどころの一つだと思います。それでいて女心一辺倒に寄せるのではなく、閣下としての世界観は確固として表現されているわけで、これはほんとに素晴らし過ぎる!

まち型ライブハウス、まちジャム2018。ネガティブもまた音楽なり

 東村山の街全体をライブハウスにしてしまおうというイベント、まちジャムに出演させていただきました。

まちジャム2018、チラシ

まちジャム2018、チラシ


 ありがたいことに毎年出させていただいてます。ありがとうございます! 今年はクレイジーキャットモでエントリー。会場はなんとダーツバー『WOOD STOCK』。ダーツバーでライブなんて初めて! 初体験はいつでもワクワクです。
 せっちー、クレイジーキャットモではドラムを担当しているのですが、WOOD STOCKはダーツバーであり、ドラムは無い会場でした。というわけで今回はカホンを叩きました。
 長野県飯田市でパーカッションを教えてくださるトシさんという師匠がいるのですが、トシさんの影響でパーカッションが楽しくてたまらないのです。パーカッショニストたる者、という心構えから、自由な発想で無限に広がるパーカッションの世界に魅入られております。
 
 2018年のまちジャム、対バンの皆さまが素晴らしかったです。
 ミュージシャンは音楽活動に伴う喜びや悲しみ、苦悩や愁事など様々な想いを歌や演奏で表現として昇華するわけですが、今回は弾き語りの方が多く、その想いが直球で響きました。ああ、そうか、みんな同じなんだ…と激しい共感の嵐。鳩尾の奥をきゅーっと握られました。
 この感情、失くしたくない。
クレイジーキャットモinまちジャム

クレイジーキャットモinまちジャム


 大好きなみんなと、毎年お世話になっているまちジャムに参加することができてとっっても嬉しかったです。自分の秘密基地に、仲良しの友達を招き入れた時のワクワク感みたいな!
 興味のある方は、ぜひまちジャムを調べてみてください。みんなでまちジャムを盛り上げよう!

 そして打ち上げ。
 実は、以前にお仕事をさせていただいていたニューハーフバーがすぐ近くでした。そこで打ち上げしようかという案も出したのですが、ゴメンナサイ! 正直、お値段がそこそこ高くなってしまうので断念させていただいてしまいました。ママさん、ご挨拶にも行かず申し訳ありません!!
 そんな葛藤をしつつ、WOOD STOCKの真下が居酒屋さんということで、足をお運びくださったお客さまと楽しく杯を交わしてまいりましたよー。ありがとうございましたー。
 焼き鳥はタレと七味たっぷりが大正義です!

焼き鳥とご飯を食べさせてください

焼き鳥とご飯を食べさせてください

【公演情報】2018/10/14 仰望和太鼓 in 函南【和太鼓】

 仰望和太鼓in三島の番外編のような形で、2018年も開催いたします。
 場所は静岡県函南町にある伊豆ゲートウェイ函南。いわゆる道の駅で、コミュニティ広場に設けられている屋外ステージにて演奏いたします。

出演は、
中島八坂太鼓(和太鼓)
あいぜっちゅー(ダンスボーカルアイドル)
ブルーキャッツ(かんなみ猫おどり)
Rhythm Junkies(和太鼓&タップダンス)

 お近くにお住まいの方、函南方面にご用事のある方、これはぜひ仰望和太鼓というイベントに触れていただくチャンスです!

 なんと今回は、観覧無料となっております。道の駅、ゲートウェイ函南で常設コンシェルジュのご案内で「伊豆の今」をお楽しみいただきつつ、同時に仰望和太鼓in函南もお楽しみいただけてしまうのです。一石二鳥。
 ゲートウェイ函南の施設とは別に、ケータリング店舗も出店します。クレープFor・tu・naが出張販売に来てくれます。トッピング無料クーポンも有り!
 過去の仰望和太鼓は屋内ホールでの開催でしたが、なんといっても今回は屋外です。屋外ならではの空気感、音の伝わり方がまた一味違うと思います。

 せっちー的トピックとしては、和太鼓だけじゃなく、タップダンスもガッツリ踏みます。いつもはBEAT座CLUBの皆さまの陰に隠れてこっそりだったり、基本は和太鼓でフィナーレだけタップとかでしたが、今回はイベントの本編に「タップダンサーとして」出演します。本職ダンサーの方のような華麗さはないかもしれませんが、せっちーの持ち味である、愚直さ、無骨さを全力で表現してまいります。
 和太鼓では、あいぜっちゅーの方々とコラボもさせていただきます。

 というわけで、見どころ満載の仰望和太鼓in函南を全力でおすすめいたします!
 ご覧いただいたお客さまに和太鼓の音でいい記憶をお持ち帰りいただけるように魂込めて打ち込んでまいります。よろしくお願いいたします!

伊豆ゲートウェイ函南
https://www.izugateway.com/

 静岡県函南町はソーセージが有名。美味しいものたくさん食べて帰るぞー!

ウィップクラッキングについて真剣に語る

「何のためにそんなことやってるの」
「そんなの役に立たないよ」

 などと、数々のご意見をいただいておりますが、一般的にはまさにおっしゃる通り。反論の余地無し、ごもっともでございます!

 ただ、せっちーくらい身体操作が不器用な人間にとっては、たいへん良質な勉強になっているのです。ウィップクラッキングのレッスンを受けてから、和太鼓の打ち方がかなり変わったのです! このエピソード1つとっても、せっちーがいかに一般人離れした不器用さを備えている、運動神経悪い芸人っぷりが窺い知れるじゃないですか。
 和太鼓だけやってたらなかなか気付かなかったかもしれないことに、ウィップクラッキングをやったことで気付くことができた、というような主観的感想は抱いてしまっているのです。万人にとって有効で適切な手段ではないかもしれませんが、せっちーにとっては有効だったみたいなんです。

 2016年に、1 minute freestyle attackという、1分間の自由演技の課題をいただいた時の映像です。

 極めて拙い振り方でゴメンナサイ!!
 鞭の音が鳴る仕組みですが、別に地面を叩いてるわけではありません。鞭の先端が音速を超え、衝撃波が音として鳴っているようです。ですので、この音は全て空中で意図的に鳴らしています。それぞれの技に名前もあります。
 正しいフォームで、そして正しい身体操作方法で振らないと、決して良い音は出ないのです。体重移動、体幹の維持、関節の使い方・稼動域、呼吸、イメージコントロール、身体と鞭と大地とのシンクロニシティなど、少なくともせっちーはそんなようなことを考えながら振っております。ふざけて遊び半分でいっちょかみしてるだけと見られがちですが、こう見えても敬意を持って大真面目に取り組んでございます。
 とはいえ、まだまだクラッキング音っぽいものが鳴ってるような気がしないでもない、程度の腕前でございますので、ドヤ顔で舞台に持ち込めるようなものではないのです。
 精進を重ね、とりあえず舞台中の一瞬の繋ぎでもいいから、何かしらの形で使えるように仕上げたいものですね。

 ちなみにSMで使う鞭とは何の関係もありません。人体を打つのは厳禁です!! あくまで競技鞭として、あるいはパフォーマンスの手段として行っております。軽い気持ちであっても「わー、SMもできるようになるんですか~?」とか言っちゃうと、ブチ切れられる可能性もありますのでご注意くださいませ~!

 SM用のムチではなく、牛追いのブルウィップといいます。

かわさきタップフェスティバル2018ありがとうございました!

 毎年、ユニットパフォーマンス部門で出演させていただいて参りましたが、今年はちょっと違いました。

 10周年スペシャルコンサート!

 出演される方は、RONxIIさん、SHUNさん、橋本直如さんなどなど、とんでもなくそうそうたるプロフェッショナルなタップダンサーの方ばかり。プロレスで例えれば、通常の興行ではなく、チャンピオンカーニバルみたいな感じです。

 今回はBEAT座CLUBで出演させていただきました。
 せっちーのタップダンサーとしてのレベルは他の出演者の方々に比べたらめちゃくちゃ低いです。プロレスでいうとジョバーです。
 そんな噛ませ犬せっちーが、偉大なタップダンサーの方々と同じ舞台で闘うことができる余地があるとすれば和太鼓しかありません。いや、和太鼓だってまだまだジョバーなわけですが、手を使うリズム楽器なら決して闘えないこともないと思うのですが、どうでしょうか。
 それに加えてBEAT座CLUBの演出にも多々救っていただき、今回このような素晴らしい舞台に立たせていただくことができました。本当にどうもありがとうございました!

かわさきタップフェスティバル2018 10周年スペシャルコンサート BEAT座CLUB

かわさきタップフェスティバル2018 10周年スペシャルコンサート BEAT座CLUB


 10周年スペシャルコンサートがいかに素晴らしくスペシャルだったのかは、せっちーごときが100万の言葉をいくら必死に並べ立てたとしても、とてもとても表現しきれるものではありません。

 タップの音ってこんなに美しく鳴るのか!
 タップの世界ってこんなに広がるのか!
 リズムに傾倒すると人はここまでマニアックになるのか!

 感動の連続でした。
 マニアックになるのはバンド界隈でも同じですよね。ほら、ドラマーだらけの集まりとか、トークの内容が先鋭的にカオスじゃないですか。いや、もちろんいい意味で。

 本番終了後は打ち上げ。憧れの方々とお話をさせていただきました。
 一次会のお店を追い出されるまで飲み続け、その後は終電を逃して帰れなくなった人たちだけで、宿泊場所を求めて川崎の街を練り歩くなど。

 せっちー的トピックとしては、BEAT座CLUBの本編の演奏は言うに及ばず、フィナーレが大きな壁でした。
 なんとBEAT座CLUBの皆さまをバックダンサーとして、せっちーが一人でフロントのセンターで踊ることになったのです。大抜擢、栄誉、吊し上げ、色んな言葉が頭を駆け巡りました。リビングレジェンドなタップダンサーの方々がいらっしゃる舞台で、噛ませ犬のせっちーがタップをするなんて……。まるで、ヤングライオンがG1 CLIMAXに抜擢されたようなものです。
 でもでもこんな機会、望んでもそうそう得られることではありません。偉大なタップダンサーの皆さまの胸を借りるつもりで、ヤングライオンらしく一生懸命タップ踏ませていただきました。ここ数年でダントツの緊張! 顔見知りのスタッフさんには、リハーサル前の機材搬入時から緊張感が滲む顔色の悪さを指摘される始末。まさに身に余る光栄でございました。ありがとうございました。お目汚し、失礼いたしました!

 ようし、今度はタップダンスソロコンテストへのエントリーが目標だ。目標にするだけならいいじゃないですか。花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ!

かわさきタップフェスティバル2018 10周年スペシャルコンサート集合写真

かわさきタップフェスティバル2018 10周年スペシャルコンサート集合写真

 水谷豊さん監督のタップダンスをテーマした映画。知ってる方がたくさん出演されてて心が沸き立ちます!